マネジメント

マネジメント

フェリックスラインハルト アインゼル

代表弁理士

ドイツ人の父と日本人の母との間に日本で生まれ、東京ドイツ学園高校を卒業後、ドイツおよび日本の大学で学ぶ。その後、米国にても学業を続け、ニューヨーク州弁護士として登録。
1994年に当事務所の一員となって以来、日本のみならず外国の顧客の間でも、知財のあらゆる問題について信頼のおけるパートナーとして広く認められている。自身のキャリアを通じて日本における国際的なコミュニティで活躍を続けると共に、ドイツ国籍を有しながら日本で初めて弁理士試験に合格し、その後は弁理士としての活動も行う。
父親であるラインハルト・アインゼルのあとを継ぎ、2009年以降は事務所代表として、さらなる100年に向けて当事務所をリードしている。

伊佐次 啓二

代表弁護士
 
田中・髙橋法律事務所で1981年に弁護士としてのキャリアをスタートし、事務所の合併により2011年からはClifford Chance法律事務所に勤務。その後、14年間にわたり、Clifford Chance法律事務所およびK&L Gates外国法共同事業法律事務所でグローバルなキャリアを積む。これらの事務所でパートナーとして勤務した貴重な経験から、国内外の企業における法律問題について鋭い洞察力を持つ。
航空機事故・金融取引紛争・労働紛争・名誉毀損・医療事故・ホワイトカラー犯罪等に係わる民刑事訴訟において高名な伊佐次氏は、2014年8月以来、事務所代表としてアインゼル氏と共に、当事務所をリードしている。