知的財産(訴訟/権利行使)

知的財産(訴訟/権利行使)

知的財産権の侵害訴訟、特に特許侵害訴訟においては、特許無効の抗弁が提出されるのが通常ですが、それと同時に無効審判が請求されるのが普通ですから、民事裁判手続のみならず、特許庁における審判手続及び審決取消訴訟という行政訴訟にも精通したチームによる対応が不可欠です。ゾンデルホフ&アインゼル法律特許事務所は、「法律特許事務所」の名の通り弁理士と弁護士からなる強力な知財訴訟対応チームを有しており、技術分野及び特許出願手続に関する弁理士の高い専門知識と、侵害訴訟及び審決取消訴訟に関する弁護士の専門的な知見が完全に統合されています。

チームメンバー

AAL-Suzuki

鈴木 秀彦

Hidehiko Suzuki
パートナー

 

弁護士登録 1989

知的財産権取扱分野

特許権侵害訴訟、特許権無効審判手続・審決取消訴訟

取扱案件・裁判例

  • 欧州の化粧品会社(原告)を代理して、同社が化粧品容器の構造に関する特許権を侵害しているという虚偽の風説を流布する日本の小企業(特許権者・被告)に対して、特許権侵害の不存在確認訴訟、不正競争防止法に基づく虚偽の風説の流布の差止及び損害賠償請求訴訟、及び無効審判・審決取消訴訟を提起(特許権を無効とすることはできなかったが、特許権侵害が存在しないことが確認され、損害賠償請求が認められた)
  • 日本の個人(特許権者・原告)が欧州の化粧品会社(被告)に対して提起した化粧品容器の構造に関する特許権侵害訴訟において被告を代理し、かつ欧州の化粧品会社を代理して無効審判・審決取消訴訟を提起(特許権を無効とすることはできなかったが、特許権侵害は否定され原告の請求は棄却された)
  • 欧州の化学品メーカー(特許権者・原告)を代理して、日本のメーカー(被告)に対して、歯科用補修材に関する特許侵害訴訟を提起。被告が提起した無効審判及び審決取消訴訟においても特許権者を代理(無効審判及び審決取消訴訟では特許権の有効性が認められたが、侵害訴訟においては、侵害は認定されなかった)。
  • 日本の半導体製造会社の関連会社(特許権者・原告)を代理して、半導体チップの製造に使用する機械の構造に関する特許権に基づいて、競合他社に対して特許侵害品である機械の販売の差止及び損害賠償を求める訴訟を提起(裁判上の和解により解決)

論文・講演等

2006年~ 2009年 最高裁判所司法研修所教官(民事弁護)

1993年~ 1996年 最高裁判所司法研修所所付弁護士(民事弁護)

「冒認出願による特許を受ける権利の侵害(パップ剤事件 東京高判平13.3.15)」大場正成先生喜寿記念『特許侵害裁判の潮流』発明協会2002年

 

AAL-Matsunaga-S

松永 章吾

Shogo Matsunaga
パートナー

取扱案件・裁判例

論文・講演等

AAL-Sakai-K

坂井 健吾

Kengo Sakai
パートナー

 

弁護士登録 2011

知的財産権取扱分野

特許権侵害訴訟、特許権無効審判手続・審決取消訴訟、職務発明関連紛争

取扱案件・裁判例

  • 韓国企業(特許権者・原告)が韓国のアプリ開発・配信企業(被告)に対して提起等したスマートフォンのソフトウェアに関する特許権侵害にかかる複数の訴訟及び仮処分命令申立において、被告を代理し、かつ当該アプリ開発・配信企業を代理して無効審判を請求(仮処分命令申立のうち1件につき特許権侵害が存在しないことが確認され、その後申立はいずれも取下げられた)。
  • 欧州の化粧品会社(原告)を代理して、同社が化粧品容器の構造に関する特許権を侵害しているという虚偽の風説を流布する日本の小企業(特許権者・被告)に対して、特許権侵害の不存在確認訴訟、不正競争防止法に基づく虚偽の風説の流布の差止及び損害賠償請求訴訟、及び無効審判・審決取消訴訟を提起(特許権を無効とすることはできなかったが、特許権侵害が存在しないことが確認され、損害賠償請求が認められた)

論文・講演等

「New Employee Invention Regulation in Japan after 2016 Amendments」 (Newsletter August of Preu Bohlig & Partner) February 2017

「特許権と職務発明制度-社内規程の整備に向けて」(湘南ヘルスイノベーションパーク)2018年12月

「日本における最近の重要な知財関連判決の概要」(日欧政策セミナー『日欧の知的財産および個人データ保護法における最近の動向』、日欧産業協力センター)2018年

「日本企業が米国企業と英文ライセンス契約を締結する際に留意すべき点(日本法、米国法における、Infringement、Intellectual Property条項を中心に)」(医薬品企業法務研究会国際問題研究部会) 2017年12月

「Patent Infringement Litigation in Japan」」(日独産業協会「Intellectual Property in Japan」) 2017年10月

「Patent Infringement Litigation in Japan」(Preu Bohlig & Partner との共同セミナー「Current Development in Intellectual Property in Japan and Germany」) 2017年10月

AAL-Kimura-Y

木村 育代

Yasuyo Kimura
カウンシル

 

弁護士登録 2003年

知的財産権取扱分野

侵害訴訟(商標、不正競争等)、無効審判手続・審決取消訴訟、ライセンス契約の作成・交渉代理

取扱案件・裁判例

  • 欧州や日本の企業を代理して、同社の製品の形態を模倣した製品を販売する日本の企業に対し、不正競争防止法に基づく製品の販売差止等を求める訴訟を担当。
  • 欧州の企業を代理して、同社の製品の一部を加工した製品を販売する日本の企業に対し、商標権侵害に基づく製品の販売差止、廃棄等を求める訴訟を担当。
  • 欧州の企業を代理して、同社の保有する商標権と同一又は類似する標章を店舗名等に使用する日本の企業に対し、商標法又は不正競争防止法に基づき、当該標章の使用差止等を求める訴訟を提起。
  • 欧州の企業を代理して、同企業が日本での使用を検討している商品名について、当該商品の分野において同一の商標権を保有する商標権者と交渉し、ライセンス契約を締結。
  • 欧州の画家(個人)を代理して、同人のイラストを使用する製品を販売する日本の企業と交渉し、著作物の使用にかかるライセンス契約(更改)を締結。

論文・講演等

『商標の法律相談 Ⅰ』(青林書院、著者:木村育代(共著))2017年9月

「商標ライセンス契約入門」(日本弁理士会関東支部研修会)2016年

「近年の知財判例概観(商標法)」(日弁連ライブ実務研修 知的財産に関する研修会2016)2016年

PA-Morita-H

森田 拓

Hiroshi Morita
シニア・パートナー

 

弁理士登録 1989(2005年 特定侵害訴訟代理権付記)

知的財産権取扱分野

医薬、バイオ、化学全般分野における特許出願、審判、鑑定、訴訟等

 

製薬会社の知的財産部門にて、ライフサイエンス分野における知的財産権による独占性確保に向けた業務、国内外特許出願-権利化活動、導入品特許性評価、知財戦略策定、国内外での係争、リエゾン活動等の幅広い知財業務を経験している。

取扱案件・裁判例

平成19年(ネ)10034号特許侵害差止請求控訴事件(平成19年9月10日)

平成21年(行ケ)10170号審決取消請求事件(平成22年5月10日)

論文・講演等

「医薬品モダリティの特許戦略と技術開発動向」(株式会社技術情報協会、P549-P555、共著:森田拓他)2019年5月31日

「4      製薬企業におけるグローバル事業展開と知財管理」(「知財研フォーラム 2015  Spring Vol.101 特集:日本企業の海外ビジネス展開と知財戦略・知財交渉 ― それらの課題と対応―」、P4-7、知的財産研究所)2015年

「中国・台湾知財セミナー~パテントリンケージ制度など医薬品特許に関するおさえておきたい基礎から最新IP情報をお伝えします~」(株式会社情報機構)2018年8月

“Employee Inventions in Germany and Japan” (欧産業協力センター) 2016年

PA-Maekawa-J

前川 純一

Junichi Maekawa
パートナー

 

弁理士登録 2000年

知的財産権取扱分野

特許権無効審判手続・審決取消訴訟

取扱案件・裁判例

  • 大手精密機器メーカーの知的財産部に社内弁理士として在籍していたとき、弁理士資格を用いて、当該大手精密機器メーカーの特許出願であって、異議申立てにより取消決定された特許出願3件について、審決取消訴訟を担当した。準備書面などすべて自ら作成し、3件のうち1件について、請求認容判決を得た。
  • 成形装置メーカーの特許の無効審判(被告)を代理した。答弁書などすべて自ら作成し、請求棄却審決を得た。
  • 車両用機器メーカーの2件の特許の無効審判(被告)を代理した。答弁書などすべて自ら作成し、2件ともに請求棄却審決を得た。
PA-Ninomiya-H

二宮 浩康

Hiroyasu Ninomiya
パートナー

 

弁理士登録 2004年

知的財産権取扱分野

特許・実用新案の出願・権利化手続、鑑定、特許権侵害訴訟、特許権無効審判手続・審決取消訴訟

取扱案件・裁判例

  • 特許権侵害訴訟事件、ドイツ電気メーカー側(原告側)に補佐人として参加。
  • 特許権侵害訴訟事件、日本電気メーカー側(原告側)に補佐人として参加。
  • 拒絶査定不服審判に対する審決取消訴訟を代理。
  • 無効審判に対する審決取消訴訟を代理(特許権者側)
PA-Ueshima-R

上島 類

Rui Ueshima
パートナー

 

弁理士登録 20094

知的財産権取扱分野

特許権侵害訴訟、特許権無効審判・審決取消訴訟

取扱案件・裁判例

  • 欧州の機械部品製造会社(当所が代理)と、同社がバルブの構造に関する特許権を侵害していると主張する日本の企業(特許権者)との係争案件。
  • 欧州のスポーツ用品製造会社(当所が代理)と、同社がスノーボードのビンディングの構造に関する特許権を侵害していると主張する日本の企業(特許権者)との係争案件。
  • 欧州の機械部品製造会社(特許権者、当所が代理)と、同社が保有するトルクコンバータの構造に関する特許権は無効であると主張する欧州の企業との係争案件。
  • 欧州のマルチツール製造会社(特許権者、当所が代理)と、同社が保有するマルチツールの構造に関する特許権を侵害する日本の企業との係争案件。
PA-Nagashima-H

永島 秀郎

Hideo Nagashima
パートナー

 

弁理士登録 2004年

知的財産権取扱分野

審判、審決取消訴訟

PA-Kuno-T

久野 琢也

Takuya Kuno

 

弁理士登録 1990年

知的財産権取扱分野

審決取消訴訟、特許侵害訴訟、ライセンス交渉

取扱案件・裁判例

審決取消訴訟8件、特許権侵害訴訟2件、ライセンス交渉4件

PA-Takahashi-Y

髙橋 佳大

Yoshihiro Takahashi

 

弁理士登録 1998年

知的財産権取扱分野

特許権無効審判・審決取消訴訟、特許権侵害訴訟

取扱案件・裁判例

・欧州の自動車部品・電動工具メーカー(特許権者)を代理し、特許権侵害訴訟の書面作成とライセンス契約交渉の補佐とを並行して担当。特許権侵害訴訟で勝訴の見込みがないことを相手方(日本大手電機メーカー)に承服させ、ライセンス契約締結を成功に導いた。

・欧州の自動車部品・電動工具メーカー、電子機器メーカー、カナダの通信機器メーカーを代理し、審決取消訴訟を数件担当。

論文・講演等

  • 『知的財産権の基礎知識1』(産業能率大学通信講座テキスト、共著 2006年)
PA-Maekawa-S

前川 砂織

Saori Maekawa

 

弁理士登録 2001年(特定侵害訴訟代理人付記 2006年)

知的財産権取扱分野

商標権侵害訴訟、商標登録異議申立及び各種審判、不正競争防止法

論文・講演等

  • 「Section 11 IT企業業務と商標」(『IT知財と法務―ビジネスモデル&コンプライアンスプログラムの構築―』、日刊工業新聞、著書:前川砂織(共著))2004年8月
  • 「商標の棚卸し」(日本商標協会(JTA))2019年7月10日
PA-Ohta-A

太田 顕学

Akinori Ohta

 

弁理士登録 2003年

知的財産権取扱分野

主に化学分野における国内・内外・外内の特許出願および中間処理、調査・鑑定業務、企業知財戦略のコンサルティング等の幅広い知財業務を経験しています。専門は、化学工学、高分子化学、有機化学、電気化学です。

取扱案件・裁判例

平成 18年 (行ケ)第 10094号 審決取消請求事件

平成 20年 (行ケ) 第10367号 審決取消請求事件

無効2010-800149

無効2013-800073

異議申立案件多数

PA-Otani-R

大谷 令子

Reiko Otani

 

弁理士登録 2010年

知的財産権取扱分野

半導体、回路、情報処理、通信機器

取扱案件・裁判例

韓国のITベンチャー企業の債務者保佐人弁理士として、仮処分申立事件3件を担当。3件とも相手方の仮処分命令申立の取り下げにより終了。また、当該事件に関連した特許権侵害差止請求事件を被控訴人保佐人弁理士として担当。