ライフサイエンス

ライフサイエンス

日本におけるライフサイエンス分野は、ヘルスケア、医療機器、バイオテクノロジー、製薬等のさまざまな分野から構成されています。ライフサイエンス分野は急速に世界規模で改革が進行しているため、各企業は特徴的かつ複雑で要求水準の高いチャレンジを行っています。当事務所の担当弁護士は、絶えず変化する規制を遵守し、許認可、免許、知的財産、データ、臨床研究、償還、製品広告、ヘルスケア企業の企業統治等の問題に関する専門的なアドバイスを提供しています。

 

また、企業取引・商取引についても豊富な経験を有しており、ライフサイエンス関連のM&A取引、製造・代理店・供給に関する各取引に起因する独特かつ重要な問題についてもアドバイスを行うことができます。また、当事務所の弁理士と協働し、当事務所のライフサイエンス関連のクライアントのために、許認可、特許申請、特許・商標・意匠に関する訴訟につき知的財産関連のアドバイスを行っています。

取扱案件