久野 琢也

久野 琢也

Takuya Kuno

特許庁において特許審査官(自動制御)として10年にわたり審査業務に従事した経験をふまえ、入所以来、国内外の出願人の案件に携わり、特に、外内部門(機械)を中心に、中間処理の他、鑑定や係争案件を多数経験している。特許庁での、弁、油圧回路、ポンプ、油圧モータ、水車、永久機関等の審査業務の経験を活かし、効率的な権利化および強い権利への提案に努めている。

弁理士登録

1990年

所属

日本弁理士会

取扱業務

特許・実用新案出願代理、審判、鑑定、訴訟

取扱技術

機械全般、ポンプ、油圧機器

職歴

1990年~現在

ゾンデルホフ&アインゼル法律特許事務所

1979年~1990年

特許庁審査第3部 審査官

学歴

1979年

東海大学大学院海洋工学研究科修士課程修了

言語

日本語、ドイツ語、英語