渡辺 直樹

渡辺 直樹

Naoki Watanabe
パートナー

国内外のM&A、企業提携案件を専門としている。総合商社でのM&A専任部門、営業リスク管理部門の部門長、中核子会社非常勤役員、IT企業の社外監査役等の職務を通じて、現場でのM&A、PMI、内部統制、グループ・ガバナンス実践にも通暁している。

また、ヘルスケア業界における業法、規制対応およびコンプライアンスについて幅広い知識と経験を有する。

弁護士登録

1991年

所属

第二東京弁護士会

職歴

2020年~現在

ゾンデルホフ&アインゼル法律特許事務所

2018年~2019年

LINE株式会社社外監査役兼任

2017年~2020年

双日株式会社理事、M&Aマネジメント室・コントローラー室担当本部長

2011年~2017年

K&L Gates外国法共同事業法律事務所

2001年~2011年

クリフォードチャンス法律事務所

1991年~2001年

田中・高橋法律事務所

学歴

1996年

米国デューク大学ロースクール修了

1986年

慶應義塾大学法学部卒業

その他の公的活動

2004年~現任

第二東京弁護士会仲裁センター 仲裁人

2008年~2017年

ムンディ・ファーマ株式会社 社内治験審査委員

2010年~2013年

慶應義塾大学法科大学院 非常勤講師

2010年~2017年

日本ロレアル株式会社 倫理審査委員会委員

2010年~現任

東京簡易裁判所 民事調停委員

2013年~現任

医薬品企業法務研究会 国際問題研究部会アドバイザー

2016年~現任

慶應義塾大学法科大学院 アカデミックアドバイザリーボードメンバー

2017年~現任

(公社)グローバルヘルス技術振興基金ボードアドバイザー

主な著書・論文

「コンパクトM&Aを手がかりに」 商事法務ポータル 2020年9月1日

 

「コンパクトM&A 成功裡にプロジェクトを進めるための留意点」(Business Law Journal)2019年

 

「Brexit後の欧州における新たな通商秩序の構築過程(NBL No.1079, 共著)2016年

 

「Brexit対応を要する契約条項とは-日本企業の観点から」(NBL No.1079, 共著: 根本鮎子)2016年

 

「米国の非公開企業を対象とするM&A条項のマーケット・トレンド」(NBL1022-24,1026-28、共著:根本鮎子)2014年

 

「⽶国公開企業M&A条項のマーケット・トレンド」(NBL No.900)2012年

 

「通常の事業遂行局面における経営判断の原則の適用~アパマン事件最高裁判決の検討」 (Business Law Journal, 共著)2011年

 

「Modernizing Japanese Corporate Law」(International Banking and Financial Law)2003年

主な講演

「対内直接投資規制の改正とその影響―インハウスカウンセルのためのガイダンス」(The Japan In-House Counsel Network, JICN)2020年8月

 

「近年のCommercially Reasonable Effort関連の米国判例と契約ドラフティング上の注意点~COVID-19も踏まえて」(医薬品企業法務研究会国際問題研究部会)2020年7月

 

「薬機法(医薬品医療機器等法)改正とヘルスケア企業に与える影響」(湘南ヘルスイノベーションパーク)2020年6月

 

「コンパクトM&Aをおこなう法務担当者のための留意点」(LexisNexis Japan)2020年3月

 

「インハウスローヤーとしてのコンプライアンス業務」(モデレーター 日本組織内弁護士協会)2019年9月

 

「海外M&A:その概要とPMIの内実」(パネリスト兼司会 日本組織内弁護士協会)2018年11月

 

Japan Corporate Compliance and Governance Forum (Key Speaker, Asian Legal Business) 2017年10月

 

「日本企業がBrexitにあたって準備すべきこと」(債権管理実務研究会)2016年11月  他

言語

日本語、英語