PA-Ito-J

伊藤 潤

Jun Ito

メーカー知的財産部において、各種高分子材料、ファインケミカル、排水処理などの様々な技術分野における発明発掘、国内外の特許出願権利化、FTO、知財教育、知的財産デューデリジェンス、係争対応などに携わった。米国法律事務所への研修派遣の他、海外グループ会社との知的財産業務の連携体制構築、中国企業への職務発明制度導入支援などの国際的な経験も有する。企業において発生し得る様々な知的財産関連の問題を考慮し、クライアントの事業戦略に寄り添い、適切なサービスを提供することを心掛けている。

弁理士登録

2016年

(2018年 米国パテントエージェント試験合格)

所属

日本弁理士会

取扱業務

特許・実用新案出願代理、審判

取扱技術

化学、機械分野全般

職歴

2019年~現在

ゾンデルホフ&アインゼル法律特許事務所

2013年~2019年

株式会社クラレ

学歴

2013年

京都大学大学院工学研究科材料化学専攻 修士課程修了

2011年

京都大学工学部工業化学科卒業

主な著書・論文

「2 欧州における知財の動き」(「年報知財財産法2020-2021」P220-234、日本評論社、著者:伊藤 潤(共著))2020年12月

主な講演

言語

日本語、英語