田中 久子

田中 久子

Hisako Tanaka

特許事務所において長年、特許出願書類の作成、中間処理、外内・内外業務、および係争に携わってきた。特に、光デバイス、画像処理、通信、ソフトウェア等の技術分野の発明に関する業務を多く取り扱ってきた。

また、弁理士会関東支部の中小企業ベンチャー支援委員会に所属し、スタートアップ支援に関する情報発信も積極的に行っている。

ひとつひとつの案件を大切に、お客様のニーズに沿ったサービスを提供できるように心がけている。

弁理士登録

2014年

所属

日本弁理士会

取扱業務

特許・実用新案出願代理、審判、鑑定、特許異議申立、訴訟

取扱技術

電気全般、機械、制御

職歴

2019年~現在

ゾンデルホフ&アインゼル法律特許事務所

2008年~2018年

谷・阿部特許事務所

1999年~2007年

国内特許事務所

1996年~1999年

株式会社メイテック

学歴

1996年

愛媛大学理学部物理学科 卒業

主な著書・論文

> 「スタートアップの新規性喪失を巡る一考察」(日本弁理士会 月刊パテント, Vol. 72 No.1、著者:田中久子(共著))2019年1月

言語

日本語、英語