商標

商標

実効性のある商標権の取得には適切な出願戦略が欠かせません。実務経験が豊富な当事務所の商標担当弁理士が、商標出願の際の具体的な戦略と具体的な手続等について丁寧にご説明します。

 

日本における商標の実務でよく問題となるのは文字商標です。日本語の表記には、漢字、平仮名、片仮名に加えてアルファベットも用いられています。したがって、日本の市場ではどのような商標を登録することがビジネスにおける成功につながるのか、事案に応じたアドバイスを提供しています。また、クライアントに代わって出願前の調査も承っております。調査の結果、他人の登録商標との抵触が生じる可能性がある場合には、代替商標の提案もさせて頂いております。

 

当事務所は商標法および不正競争防止法に基づいた権利行使の際にもお手伝いいたします。水際対策として商標権に基づいた税関での輸入差止を申し立てることは模造品の流入防止にとって極めて有効な手段です。また、防護標章登録制度を利用することによって著名商標を保護することも可能です。