このたび、渡辺直樹弁護士及び寺前翔平弁護士が入所いたしました。

このたび当事務所は、新たにパートナーとして渡辺直樹弁護士(1991年弁護士登録)を、またアソシエイトとして寺前翔平弁護士(2017年弁護士登録)を迎えました。

 

渡辺弁護士は、これまで英米系の大手法律事務所にて30年以上にわたりパートナーとして、国内外のM&A、コンプライアンス、ヘルスケア企業の業法・規制対応を中心とした企業法務を手掛けた後、双日株式会社にて法務に加え、M&A専任部門、営業リスク管理部門の担当本部長、投融資審議会、内部統制委員会の社内委員、中核子会社非常勤役員等の職務を通じて、M&A、PMI、内部統制、グループ・ガバナンスの実行に携わってまいりました。

また寺前弁護士は、国内大手法律事務所において銀行取引、ファイナンス取引、その他一般企業法務に従事してきました。

 

当事務所は、より一層質の高いリーガルサービスの提供に努め、更なるサービスの拡大充実を目指してまいる所存です。