新型コロナウイルス感染症への対応について

たびたびの緊急事態宣言延長など、新型コロナウイルス感染症の収束はいまだ見えず、油断できない日々が続きます。当事務所は、改めて国や東京都の指針をふまえながら、感染症対策を徹底してまいりたいと存じます。以下、当事務所の対応策を改めてお知らせいたします。

 

1)勤務体制

原則として全所員が安全性の高いリモートアクセスを利用し、機密情報の守秘を徹底しながら、在宅勤務を実施しております。

オフィスへの出勤が必要となる業務・部署については、出勤者が3割以下となるよう調整しております。

 

2)健康状態の確認

出勤前及び出勤時の検温を義務付けております。特に出勤時には、有資格者も含め、備え付けの非接触性検温器での検温を必須なものとしております。

体温が一定の基準を超える場合のほか、健康状態に異常がある場合(いわゆる濃厚接触者であることが判明した場合も含みます。)等の出勤を厳禁しております。

 

3)所内の感染防止対策

勤務中のマスク着用や入室後の手指消毒を義務付けているほか、デスクや会議テーブルにアクリル板を設置しております。

会議室や共有設備等のある場所に除菌スプレーや除菌シートを設置するなどし、消毒作業を随時実施しております。

 

4)お客様との連絡および会議

担当者がお分かりの場合の連絡については、可能な限り携帯電話へ直接お掛けいただくか、メールでお願いいたします。

代表電話03-5220-6500へお掛けの場合には、受付を担当する職員が担当者と連絡がとれるように手配いたします。電話転送システムにおいて、お電話が繋がるまで通常よりお時間がかかる場合がありますので、ご容赦ください。

打合せにつきましては、電話の他、Teams やSkype等のウェブ会議にも随時対応が可能です。また、対面のお打合せをご希望の場合には、事前に時間と会議室を調整いたしますので担当者にお問合せください。

現在、郵便物については、少ない出勤者で対応しておりましたため、ご送付が遅れているものがございます。期限の設定があるものを優先して順次処理してまいりますので、なにとぞご了承くださいますようお願い申し上げます。

また、弊所宛てに郵便又はファックスをお送りいただく場合には、メール(*担当者アドレスがご不明な場合には、までお願いします。)でもお知らせいただけますと受領が確実となります。

 

業務対応におきまして、お客様には少なからずご不便、ご迷惑をおかけいたしておりますこと、お詫び申し上げます。弊所も感染拡大防止とともに業務の効率及びサービスの質の一層の改善に努めてまいりますので、今後ともご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

引き続き、皆様が健康で安全に過ごされ、新型コロナウイルス感染が早期に終息することを願っております。

松永章吾弁護士が日本知財学会の「第19回年次学術研究発表会」に登壇いたします。

2021年11月27日14時から15時30分に、松永章吾弁護士が、日本知財学会の第19回年次学術発表会「SEP [...]

松永章吾弁護士のIoTの特許料、誰が負担 データ企業の「ただ乗り」懸念についてのコメントが、日経新聞に掲載されました。

松永章吾弁護士の「IoTの特許料、だれが負担 データ企業の「ただ乗り」懸念」について日経新聞の取材を受け、コメ [...]

松永章吾弁護士の日本製鉄はなぜ中国・宝山とトヨタを訴えたのかについてのコメントが日経新聞に掲載されました。

松永章吾弁護士が、日本製鉄はなぜ中国・宝山とトヨタを訴えたのかについて日経新聞の取材を受け、コメントが10月1 [...]